申込み金額は少なめに

カードローンの審査は意外に厳しく、半数以上が落ちるとも言われています。通る人よりも落ちる人の割合の方が大きいとなると、自分では落ちてしまうのではと不安になるかもしれません。

 

しかし半数以上が落ちるというカードローンを、契約社員やアルバイトが利用しているという現実もあります。単純に収入が少ないから、正社員じゃないから、落ちるという訳ではありません。

 

審査に通るかどうかは、年収だけではなく、持ち家か借家か、独身か既婚かなど、様々な要因から決まってきます。しかし、これらによって審査の結果に重要な影響が出るわけではありません。

 

大きなポイントの1つが借入れ希望額です。これが年収に見合っているかどうかはとても重要です。年収が低くてもカードローンは組めますが、相応の借入れ希望額に抑えなくてはいけません。

 

例えば消費者金融では、年収の1/3を超える金額の貸付けを行ってはいけません。銀行の場合、この規制には引っかからないので、年収の1/3を超える金額の申込みも可能です。しかし、金額が増える程審査に落ちる可能性も高くなるので注意が必要です。

 

また、消費者金融での申込みでも、年収の1/3というのは限界の金額です。審査に通りたいのであれば、さらに低めの金額で申込んだ方がよいでしょう。

 

審査を受ける際に金額をどのようにしたら良いのか分からない場合には、店舗などで相談をしながら手続きを進めるのも悪くはありません。大手のプロミスであればプロミスさいたま市のサービスプラザのような有人の店舗が各地に設置されているので、分からない点は気軽に相談ができます。