審査重視で選ぶべき理由

カードローンの契約申込みをすると、審査があります。審査が不安だという人もいれば、それよりも金利などを気にする人もいます。もちろん審査に自信があれば、低金利なカードローンを探してもよいでしょう。しかし、審査に通らないというだけで、色々なデメリットがあるという点には注意した方がよいでしょう。

 

カードローンの種類にもよりますが、手続き上時間がかかるのが審査です。もしも審査に落ちてしまった場合、その間の時間が無駄になります。特に急ぎでお金が必要な場合、一度審査に落ちた分のタイムロスが致命的になる可能性もあります。

 

落ちた後の、別のカードローン申込みは、時間だけでなく手間もかかります。カードローンでは名前や生年月日だけでなく、勤め先や年収、家族構成など様々な質問を受けます。審査に落ちた後は別会社での申込みとなるので、全てやり直しとなります。

 

時間や手間のロスも手痛いですが、一番問題なのが信用情報です。カードローンの審査を受けている時点で、申込み情報は信用情報として記録されます。この記録は半年間残るのですが、他社カードローンを申込みしていると、審査に通りにくくなります。

 

3社以上申込むと申込みブラックとなり、審査に通らなくなるので、少なくともそれまでに審査を通過させなくてはいけません。

 

これは消費者金融も銀行も同様で、銀行の場合にはオリックス銀行カードローンの審査と保証会社のように別の会社が審査を行いますが、同じように信用情報は確認をしているので審査に通りづらくなってしまいます。