審査に落ちる理由とは

カードローンの審査に落ちるというのは、それ程珍しいものでもありません。1社受けて審査に落ちたからといって、それ程気にする必要もありません。しかし、中には明らかに審査に通りようがない申込み方法で、気づかないでいるケースもあります。

 

この場合、何度申込んでも借りられないだけでなく、自分の信用情報にも影響してしまう可能性もあり、非常に危険です。カードローンを申込む際に、絶対に知っておくべきNGポイントをまとめました。

 

 

複数のカードローン申込みはNG

カードローンは、複数社に同時申込みしてはいけません。審査が不安だからと、まとめて申込むというのは実際にありますが、カードローンの業界では厳しく警戒されてしまいます。短期間に3社を超える申込みをしてしまうと、申込みブラックと呼ばれる状態になり、どこのカードローンでも審査で落とされてしまいます。

 

カードローンの審査を受けると、申込み情報が信用情報機関に記録されます。申込み情報は半年間で記録から消えるので、すでに複数社申込みしている人は、半年以上待ってから再度申込みをしましょう。

 

総量規制によるNG

消費者金融などの貸金業者には、総量規制という規制がかけられています。年収の1/3を超える金額の貸付けは禁止されているので、希望額はこれより少なめにしなければなりません。例えば年収180万円の場合、カードローンで申込みできるのは60万円までとなります。70万円で何度申込んでも、審査で落ちてしまいます。

 

ただし、総量規制は銀行業務が対象外となります。年収の1/3を超える金額の借入れを希望するのであれば、消費者金融ではなく銀行のカードローンを選ぶとよいでしょう。

 

銀行であれば審査の結果次第で大きな金額であってもおまとめローン審査に通るといった可能性も出てきます。

 

虚偽の申告によるNG

申込み内容に間違いがあると、それが原因で審査に落ちる場合があります。慣れない手続きとなるので、記入ミスなどには注意しましょう。最近はネットからの申込み方法もあります。誤変換で間違えてしまう可能性もあるので、こちらも注意しましょう。

 

また、わかっていてわざと嘘の申告をするケースもあります。例えば他社でも借入れしているのにしていないと申告したり、働いていないのに働いていると申告したりです。他にも、現在の借入れ件数や借入額を少なめに申告するのも問題です。こういった嘘の申告にはカードローンは厳しいので、ばれて審査に落ちてしまいます。

 

カードローン会社は、収入や借入れ状況に関する所は厳しくチェックをかけるので、嘘は通じないと覚えておくべきです。

 

信用情報によるNG

カードローンの審査では、その人が今まで利用してきたローンや支払の履歴も判断材料となります。要するに、過去にお金にだらしがなかった人は、審査でも厳しく見られます。こういった今までの履歴は信用情報といいます。

 

実は審査について最も重要なのが、信用情報です。ローン契約などを結ぶ際には、契約情報や支払い、返済の履歴の情報が、信用情報機関に記録されます。今どこでいくらの債務が残っているのか、過去に返済遅れがなかったか、そういった情報も記録として残ります。

 

例えば過去にカードローン契約を結んでいて、返済の遅れが度々あった場合、返済能力がないと判断されて、審査に落ちてしまう可能性が高くなります。また、現時点で他社での借入れが残っている場合にも、審査には不利に働きます。

 

信用情報で審査に落ちるパターンとして多いのが、返済遅れなどの事故情報です。過去にローン関連の支払いで、遅れがあった場合に審査に影響があります。

 

特に最近多いのが携帯料金の支払い遅れです。携帯端末は分割契約となっている人が多く、携帯料金の支払いが遅れると、信用情報に記録として残ります。普段から支払い関連は滞りなく行っておかないと、こういう時に苦労します。

 

信用情報に問題があると消費者金融の審査にも通らなくなってきます。消費者金融からも借りられないとなると利用先がなくなってきてしまうため、信用情報だけはクリーンに保つように心がけてください。

 

上記のそれぞれの項目に特に問題がなければ、審査基準が厳しくなる銀行からの借り入れであるりそな銀行カードローンの審査や、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行などのメガバンクのカードローンを除けば借りられる可能性はあります。